DeNA・山﨑、阪神・藤川…セ・リーグ各球団の守護神総崩れの背景に何が?!

タグ: , , , , 2020/7/20

 セ・リーグの防衛戦線に異状アリだ。各球団の守護神たちが、軒並み打ち込まれ、その座を次々と追われている。

 19日にはDeNAの山﨑康晃投手が背信投球を犯してしまった。巨人戦で1点リードの9回に登板。2死二塁から丸に同点のタイムリー内野安打を許し、降板した。救援した国吉が岡本に痛恨の決勝2ランを浴び、チームは5連敗となった。





 ラミレス監督は「考えようかなと思う」と山﨑の配置転換の可能性を示唆した。昨季まで2年連続セーブ王。安定感はリーグ屈指で、侍ジャパンの抑えも務める右腕でさえも、今季は不安定な投球が続いている。9試合でリーグ単独トップの6セーブを挙げているが、この日で2敗目となり、防御率は6・48。8回1/3を投げ被安打14の数字で分かる通り、ほぼ毎回安打を許している。できれば3者凡退、という信頼感が求められるクローザーとしては、厳しい数字ではある。

 そして、セ・リーグの他球団へと目を移せば、多くのチームで開幕守護神たちが抑え降格となっている。

・今すぐ読みたい→
元巨人・斎藤雅樹さんが試合中に当時の王監督に激怒した事とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-furious/


 広島は南アフリカ共和国出身の新外国人スコットが抑えを託されたが、開幕3戦目の6月21日DeNA戦でいきなり逆転負け。7月2日のヤクルト戦でも逆転負けを食らい、2軍での再調整を余儀なくされた。リフレッシュ後、再登録され、18日のヤクルト戦では点差の開いた楽な場面で起用されたが、ここでも1イニングで3失点。ここまで6試合で防御率22・50の数字はいただけない。

 代役に指名された菊池保則投手も、19日のヤクルト戦で1点リードの9回にリードを守れず救援失敗。試合は引き分けに終わった。ここまでわずか1セーブ。チームの不調もあり出番が限られているが、盤石には映らない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧