F1ドライバーで初の新型コロナ感染者が その同情すべき「感染理由」とは

タグ: , , 2020/8/1

 F1ドライバーの中からも新型コロナウイルスの初感染者が出た。レーシングポイントに所属するセルジオ・ペレス(30)=メキシコ=がコロナに感染し、31日に開幕するF1第4戦イギリスGP(8月2日決勝、英シルバーストーン)を欠場すると30日にチーム側から発表された。

コロナ感染が確認されたレーシングポイントのセルジオ・ペレス(鶴田真也撮影)

・今すぐ読みたい→
F1日本GPが中止決定した反面、F1側が中国GPを中止にできない理由とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/reason-why-china-gp-cannot-be-canceled/


 同じサーキットで2週連続で開催される第5戦「F1開催周年記念GP」も欠場するとみられ、チームは昨季までルノーの一員だったニコ・ヒュルケンベルグ(ドイツ)を代役に立てることを決めた。レーシングポイントがフォースインディアの名称だった2012、14~16年に所属した経験があり、白羽の矢を立てたという。

 チームは「ペレスは心身ともに良好。保健当局のガイドラインに基づいて自主隔離を続けている」との声明を出した。感染経路については分かっていないが、前戦ハンガリーGP(19日決勝)終了後に母国のメキシコを訪れたことを本人は認めており、そこで感染した可能性はある。中南米ではパンデミック(感染爆発)が続いており、メキシコでも累計の新規感染者数が40万8000人を超えている。

 ペレスは31日、自身のツイッターで感染について説明する動画を公開し、「本当に悲しい。僕の人生の中で一番悲しいことの一つ。われわれがウイルスにどれほど弱いかが示された」とコメント。メキシコ訪問の理由については「母が大きな事故に遭遇して入院したので、ハンガリーからプライベートジェットでメキシコに飛び、2日間滞在した」とした。


 ペレスは2011年にF1デビューし、決勝での最高位は2位。昨季は年間ランク10位だったが、今季についてはメルセデスの昨年型車をコピーしたとのうわさもある新型車両で上位争いを続け、開幕戦から6位―6位―7位の成績を残していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧