「マウンドの足跡でコントロールの良し悪しがわかる」元SB攝津正氏が挙げる、コントロール術に長けていたあのエースとは

タグ: , , , , 2022/6/1

 連日熱い戦いを見せているプロ野球セパ交流戦。

 そんな交流戦と同じくらい熱い交流がくり広げられている、プロ野球東京ヤクルトスワローズなどで活躍し、引退後は楽天、巨人などでコーチを務めた現・新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏と、元福岡ソフトバンクホークスで沢村賞投手の攝津正氏によるYouTubeコラボ対談。

 橋上氏のYouTubeチャンネルで第1弾として公開された動画では、現役時代コントロールに非常に定評のあった攝津氏によって、その極意が語られている。

【動画】攝津正氏が語る、マー君、岸、涌井に共通する一流のマウンドさばきとは?

コントロール術アップへの1番の近道は・・・

 投球におけるコントロールにおいて、攝津氏がまず大切だと話したのは「再現性と無駄な動きを省く」ことだ。

「同じ投げ方をしなければ同じところにはいかないですし、動きが入る分だけ、コントロールはずれていく。その分だけ再現性は難しくなっていきますからね」

 ここ最近の風潮では、投手陣があまり「投げ込まない」とされているというが、この点、攝津氏はこのように話している。

「投げ込むことが良い悪いということではなく、ボールを投げないとコントロールは良くならないと思うんですよね。いくら走ったりトレーニングをしても、そこは揺るがないと思います。投げる、という動作をしないと、そこは身につかないと思いますね」

 投げ込みながら足の動きや腕の動きを一つ一つ確認していく、それこそが、制球力を身につけるための1番の近道だと語る攝津氏。

 その上で、「コントロールが良い投手ほど、マウンドが綺麗」とも話すが、その真意をこのように述べている。

「基本的に、コントロールが悪い投手って、マウンドがぐちゃぐちゃなんですよね。同じ動きをしないので。現役時代試合でマウンドに上がっていても、コントロールがあまり良くない投手と投げ合うと、つま先の位置など結構幅がありました。マウンドの状態を見ると、意外とヒントがあるかもしれないですね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧