千賀滉大がメッツ入り 日本人の在籍はメジャー球団最多の15人目に その理由はあの名将がいたから?

タグ: , , , , 2022/12/12

(C)Getty Images

 ソフトバンクからFA宣言していた千賀滉大投手がMLBのニューヨーク・メッツと5年総額7500万ドル(約103億円)で契約に合意したと球団公式サイトなどで報じられた。入団が正式に決まれば、日本人では15人目。メジャー30球団では最多となる。2番目に日本人が在籍したメジャー球団は西海岸のシアトル・マリナーズで10人。群を抜いていることが分かる。

 過去にメッツに在籍したのは柏田貴史(1997年)、吉井理人(98~99年)、野茂英雄(98年)、マック鈴木(99年)、新庄剛志(2001、03年)、小宮山悟(02年)、松井稼頭央(04~06年)、石井一久(05年)、高津臣吾(05年)、高橋健(09年)、五十嵐亮太(10~11年)、高橋尚成(10年)、松坂大輔(13~14年)、青木宣親(17年)。

【関連記事】巨人・オコエに早くもささやかれる「致命的な弱点」とは






 日本人が多い理由はいくつか挙げられるが、知日家のボビー・バレンタイン氏が監督を務めたのも一因だ。

 1995年にロッテで1年間だけ監督を務め、翌96年はメッツ傘下の3A球団の指揮官を経てシーズン途中にMLBの監督に昇格。7シーズンにわたって采配を振るったが、在任中に柏田、吉井、新庄、小宮山の4人を日本から移籍させた。ロッテでバレンタイン監督の通訳を務めた大慈弥功氏が97年から2011年までメッツで環太平洋担当本部長として日本地区でのスカウト活動に尽力した影響も大きいという。

 ただし、1シーズンで退団したのは出戻った新庄を含めて10人。99年に在籍したマック鈴木はマリナーズからトレードされ、ベンチ入りこそしたものの、メジャー出場することなく、わずか1週間でロイヤルズに放出された。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧