村田だけじゃない…「松坂世代」で背水の陣の選手たち

タグ: , 2018/9/2

 9月に入り、ペナントレースも残り1か月となった。優勝争い、CS争いも佳境に入る中、思うような結果を残せなかったり、出場機会が少ない選手たちは来季の契約を勝ち取るために重要な時期になる。プロ野球の中心として球界を引っ張ってきた80年生まれの「松坂世代」も例外ではない。ルートイン独立リーグ・栃木ゴールデンブレーブスの村田修一はNPB復帰を目指してプレーしてきたが、支配下登録期限の8月31日までに獲得オファーがなかったため今季限りで事実上の引退に追い込まれた。村田だけではない。「松坂世代」の現役13選手の中には背水の陣に追い込まれている選手も少なくない。


●今季成績

★投手
松坂大輔(中日)
10試合登板 5勝4敗 防御率3.93

藤川球児(阪神)
43試合登板 4勝2敗18ホールド 防御率2.01

永川勝浩(広島)
19試合登板 1勝0敗 5 ホールド 防御率5.06

館山昌平(ヤクルト)
4試合登板 0勝3敗 防御率6.75

杉内俊哉(巨人)
今季登板機会なし

和田毅(ソフトバンク)
今季登板機会なし

久保裕也(楽天)
22試合登板 1勝0敗 3 ホールド 防御率1.90

・合わせて読みたい→
プロ野球界で50年働いて 「ノムさんの懐刀」が語る野球界で生きて行くと言う事(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/masanorimatsui-chronicle-03/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧