甲子園のスターに高すぎた「プロの壁」、活躍を見たかった高卒ドラフト1位の男たち

タグ: , , 2020/3/30

 開幕延期で揺れるプロ野球ですが、明るい話題は各球団のルーキーが躍動する姿が連日、報道されることでしょう。千葉ロッテの佐々木朗希投手、東京ヤクルトの奥川恭伸投手をはじめ、新たな世界で奮闘を続ける十代は球界の希望であり、光ともいえます。

プロ野球の球団にとって、ドラフトはチーム強化の「イロハのイ」。新人獲得は数億円をかけたビッグプロジェクトでもあります。中でも1位の指名選手が順調に育つか否かは、チームの将来に大きな影響を及ぼします。

大学生や社会人の「即戦力」に対して、高卒は「当たるとデカい」ギャンブル的な要素を含んでいますが、それだけファンのロマンも膨らみます。今でも野球好き同士が集まると「アイツは惜しかった」「本領発揮となれば、今頃どんな活躍をしていたんだろう」と想像し、語り合う逸材について、あらためておさらいをしたいと思います。


2004年広島1巡目・佐藤剛士投手(秋田商業)

この年は東北地方に逸材がそろっていました。東北高校・ダルビッシュ有投手、一関高校・木村正太投手と並んで「みちのくBIG3」の一角と呼ばれたのが、この佐藤投手です。

 その魅力は150キロにも届きそうなストレート。公立校のエースとして、3年次には春夏の甲子園にも出場するなど全国の舞台へ進む原動力となり、文句なしのドラフト1巡目として広島カープへと入団しました。

2年目の06年4月には1軍の先発に抜擢され、横浜戦でプロ初登板初先発を果たしますが、結果は3回途中9失点。その後は肩や腰に故障も相次ぎ、1軍のマウンドに再び舞い戻ることはかなわず、2010年限りで戦力外通告を受けました。

1軍では登板1試合、通算防御率は「34・71」。けがさえなければ…プロの厳しさがこの数字からうかがえます。

そんな佐藤投手の名が再び、野球ファンの胸に刻まれる機会が昨年ありました。ダルビッシュ有投手が自身のツイッターに2004年選抜大会の動画を添えて、こう投稿したのです。

「自分の同級生の秋田商・佐藤剛士のピッチング見てたら佐藤が凄いのはもちろんなんやけどキャッチャーのフレーミングがなかなか凄い。15年前だと思えないレベル」

捕手の捕球技術に言及するのがダルビッシュ投手らしいところですが、「佐藤が順調に育っていたら、今頃は…」とカープファン、甲子園マニアが思いを致すきっかけにもなりました。





・今すぐ読みたい→
阪神・藤浪投手の勇気ある行動にダルビッシュも称賛「もし自分だったら・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shintarofujinami-courageous-behavior/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧