大谷翔平は6回途中3失点で降板・・・104年ぶりの偉業達成はお預け、連続2桁三振もストップ

タグ: , , , 2022/8/4

好投を見せていた大谷だが、6回に痛恨の2ランを食らった。(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平が現地3日(日本時間4日)、本拠地でのアスレチックス戦に「2番・投手兼DH」のリアル二刀流で先発出場。5回まで1失点7奪三振と好投するも、6回に2ラン本塁打を食らい、6回途中6安打3失点で降板した。1918年ベーブ・ルース以来、104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打の偉業達成は、次回以降に持ち越しになった。

【動画】スライダーが甘く入って・・・大谷翔平、痛恨の2ランの被弾シーンをチェック






 この日の大谷のピッチングは、決して悪くなかった。スライダー中心の組み立てでアスレチックス打線を手玉に取り、奪った三振は7つ。時折見せるスプリッターも効果的だった。それだけに、6回の被弾は痛恨だった。甘く入ったスライダーを3番マーフィーにレフトスタンドに運ばれ、スコアは1-3に。その後、大谷は2人を打ち取ったが、6番ラウリーに四球、7番ピンダーにヒットを打たれたところでマウンドを下りた。

 大谷は6月22日(同23日)の本拠地ロイヤルズ戦から6試合連続2桁奪三振をマークしており、7試合連続なら1977年のノーラン・ライアンに並ぶ球団記録だった。しかし、この日は7奪三振にとどまり、記録達成はならなかった。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【動画】大谷翔平が104年ぶり偉業達成に向けて上々の立ち上がり!スプリッターでも三振を奪う好投をチェック
【関連記事】日ハム・清宮 1試合2発で「因縁対決」にも勝利 元同僚の秋吉撃ちに球団が胸をなでおろしたワケとは
【関連記事】巨人ベンチにささやかれる「すきま風」 最下位目前以上に深刻な「事態」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧