「あの大谷の姿を見てほかのチームメートも感じたと思う」球界レジェンドが振り返るWBCの名場面

タグ: , , , , 2023/4/23

トラウトを空振り三振に斬った大谷、球史に残る名シーンとなった(C)Getty Images

 この春、日本中を歓喜に包んだWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)日本代表。

 球史に残る戦いを見せた今大会は、大会終了から約1ヶ月経った現在でも、様々な場所で注目を集めている。

 そんな今大会について、2009年に侍ジャパン日本代表のコーチとして世界一に貢献した篠塚和典氏と巨人OBの定岡正二氏が、槇原寛己氏のYouTubeチャンネル「ミスターパーフェクト槇原」に出演し、数々の名場面を振り返った。

【動画】「野球の神が脚本を書いた」と世界のファンが熱狂!WBC公式が公開した大谷翔平vsトラウトの「38秒」の動画





 まず、篠塚氏が挙げたのは、イタリアとの準々決勝でみせた大谷翔平投手(28・エンゼルス)のバントだ。

 ランナー1塁で何とか先制したい場面、3番打者として打席に立った大谷は、ファンのみならず、指揮をとる栗山英樹監督の意表をつくセーフティーバントを決めた。

 負ければ敗退となる大事な一戦、世界一へ、人一倍強い思いを口にしていた大谷がみせた「執念のバント」に、篠塚氏は「あの姿をみて他のチームメイトは何かを感じたと思う。それがチームを一つにした強さでもあると思いますね」と、大谷のバント姿がよりチーム力を高めたと感心してみせた。

 一方で、定岡氏が挙げたのが、アメリカとの決勝戦、世界一へ最後の打者となったマイク・トラウト(エンゼルス)と投手・大谷の対戦だ。

 共にエンゼルスのチームメイトで、世界最高峰の選手とも言える2人の、これ以上ない舞台での対戦は、まさに「漫画以上」の場面だった。

「あの2人の勝負は誰もできないですよね。あのストレートとスライダーは本当に凄かった。特にスライダー。僕がピッチャーだったら全部ストレートだったと思いますけど(笑)あの勝負はこの先ずっと語り継がれて欲しいですね」と最後、トラウトを打ち取ったスライダーをほめたたえた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧