湘南ベルマーレがJ1残留決定!前監督のパワハラ問題発覚から4か月、激動のシーズンを振り返る

タグ: , , , 2020/1/1

 湘南ベルマーレがJ2で4位の徳島との試合で引き分け、J1残留が決定した。8月に前監督の曹貴裁氏による選手やスタッフへのパワハラが発覚し、チームは苦しい4か月間を送った。しかしシーズン最後に、J1残留という大きな意味のある結果を残すことができた。

8月中旬、湘南ベルマーレに監督によるパワハラ問題が発覚


 8月11日、磐田との試合の直後に曹貴裁前監督がスタッフや選手たちにパワハラを行なっていたことが発覚。Jリーグが調査に乗り出した。調査結果が出るまで前監督は活動を自粛。真実を明らかにするために選手たちにヒアリングを実施した。するなど、選手たちへのメンタル面での負担も大きくのしかかっていった。

監督が不在での練習やパワハラに関する証言など、選手たちにとってはメンタル面でも大きな影響があったことは想像に難くない。結果として、磐田戦以降、湘南ベルマーレは6連敗。さらには10戦勝ちなしと苦戦が続いてしまう。

監督の進退がどうなるのか、先の見えない中でのミーティングでは発言する者が1人もいないかったそう。チームとしての結束力がなくなり、崩壊寸前までバラバラになってしまったのである。

・今すぐ読みたい→
織田信成のモラハラ騒動は、織田側が劣勢?裁判の行方はいかに(https://cocokara-next.com/stress/nobunarioda-figure-skating-moral-harassment-problem-judgment/)

10月4日にはパワハラを認定・5試合出場資格停止処分が

10月4日、Jリーグはパワハラがあったと認定。曺監督は5試合の出場資格停止処分となる。しかし謝罪会見では前監督の進退は明らかにされず、選手たちは不信感を募らせ、チーム全員のモチベーションも低下してしまう。

8日にやっと前監督が退任することが決まり、後任は浮嶋監督が就任することになった。しかしさらに10月には台風の影響により河川敷の練習場が水没し、練習場所が定まらないままシーズン最後を迎えることになってしまったのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧