悪習が良からぬ「免疫」に ストレスから逃れる飲酒の常態化

タグ: , , , 2020/12/1

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]


 新型コロナウイルスの感染拡大で、聞き慣れないイニシャル文字やカタカナ語を耳にするようになりました。「PCR」「パンデミック」「ソーシャルディスタンス」「クラスター」「エッセンシャル・ワーカー」等です。その中でも「ワクチン」は新生児への予防接種や、毎年もやって来るインフルエンザの流行に備える方法として、比較的定着したことばです。

 日本語でも「3密」といわれる「密接」「密集」「密閉」から始まって、「飛沫」「除菌」「濃厚」「検査」なども頻繁に見聞きします。

・今すぐ読みたい→
お酒は百薬の長でありたい!生活習慣病とお酒について https://cocokara-next.com/fitness/lifestyle-related-diseases-and-alcohol/

 免疫もそのひとつ。免疫は先ず感染症から自分を守ってくれる強い味方というイメージで捉えるのが、コロナ禍の下の風潮でしょう。免疫を訴求する機能性表示食品などが、ドラッグストアで以前より多く見掛けるようになったのでは?お店も売れ筋商品として、お客様の目に付き易いように陳列しているのでしょう。私としては、あることが長く続いていくうちに身体的精神的に慣れが生まれるという、比喩的な表現の意味の方が先に立ちます。そしてその免疫によって、現状を更に悪化させる方向に進んでしまうことも思い巡らしてしまいます。丁度、ぬるま湯に浸かっていたカエルが、熱くなっても危機感を抱くことなく茹で上がってしまう、「ゆでカエル」のたとえ話がありますよね。

 今月1日は「日本酒の日」でした。10月は十二支の「酉」。この漢字はもともと酒を入れる壺から生まれた象形文字です。そして10月の農閑期から酒造りが始まることから定めたそうです。(※1)

 ちなみに「醤油の日」も10月1日。醤油もこの時期に仕込み始めて、「醤」の漢字に「酉」が入っているからだとか。(※2)





 日本周産期メンタルヘルス学会の調査によると、妊産婦が新型コロナによる心身の不調の相談が多く寄せられているという。(※3)計らずも10月は、生活習慣病のひとつである乳がんの予防(啓発)月間でもあります。そもそも人間は変化に弱い動物です。生活習慣病に深く関与しているストレスが蓄積して、思わぬ弊害が表れてきます。ストレスは睡眠障害やうつ病、心臓疾患までもが発症する、生活習慣病の重大な要因です。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【受注生産】堀口恭司チャンピオン復帰記念 メタルフォトフレーム

RIZIN.26で朝倉海選手に見事に勝利し、RIZINバンタム級チャンピオンに返り咲いた 堀口恭司選手のメモリアル限定デザインのメタルフォトフレームを販売いたします。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧