【ゴルフとモラル】今と昔の違いと、外見について思うこと

タグ: , , , 2021/11/13

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 今回は、「ゴルフとモラル」をテーマに書いていきます。難しいテーマを選びましたが、個人的に憤りを抑えられずこんな流れになりました。

その発端は、たまたま読んだ「特定のプロを攻撃した批判記事」です。

その記事ではとあるプロゴルファーが、「長髪で不精髭、皆不愉快に思ってるはずだ!」と酷評されていました。

ちょっと待ってよ!と思ったのが、この記事を書くきっかけとなりました。

※あくまでこの記事は僕が考えている事を文章化しただけなので、その点はご留意下さい。

・今すぐ読みたい→
ゴルフラウンド中にやってしまうNG行動4選!スコアに直結するので今すぐ止めよう https://cocokara-next.com/fitness/ngaction_4selections/

長髪&無精髭はモラルがないと認定されるのか?


最初に僕の立ち位置を説明すると、

1.ゴルフに容姿は関係ない
2.大切なのはプレー中のマナー
3.時と場所を選んだ最低限の服装

この3つを大切にしています。

なので見た目の長髪や髭なんて、その人の個性でありどうでも良い話だと思っています。

酷評されたプロは日本人なら誰しも知っているスタープレーヤーです。

実際ツアーでも何勝も上げ、今のゴルフ界の人気を席巻したと言っても過言ではない程のプロ。

それ程ゴルフ界に大きく貢献した方です。





にも関わらず、「長髪と無精髭で、きっと見ている人のほとんどが不愉快に感じてるはず」とは暴論も良い所ですよ。

仮に活躍していなかったとしても、「長髪」と「髭」という2つの特徴で不愉快な存在とは言えないでしょ?

2019年にはゴルフも大規模なルール改革が行われました。ゴルフもその時代の流れと共に様々な部分で変化しています。

昔のように人を選んでいてはゴルフも衰退して行きます。分っているからこそ多様化を求め、ネットで簡単に予約が取れるようになり、「エンジョイゴルファー」などの括りも出来た訳です。

昔の感覚で「あれはダメ」、「これはみっともない」なんて断言する方がおかしい。

時代の流れに取り残され、他人を批判するなら「老害」扱いされて当然。

というか、そのプロが日本ゴルフ会にどれだけ貢献したのか知っているのか?って話。その功績が無精髭と長髪で消えてしまうのでしょうか。

酷評されたそのプロは所作からコメント、メディア対応まで素晴らしい。最近は目だった活躍こそしていませんが、人間的に成熟されている方です。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧