心とからだを健康にしてくれるお酒

タグ: , , 2020/8/19

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

充実感という、見えない肴と一杯の酒

 新型コロナウイルスの肺炎が重症化して来ると、人工呼吸器など医療機器の助けが必要になります。その最終手段ともいうべき治療方法があります。人工肺とポンプ等を組み合わせた体外式膜型人工肺(ECMO)です。手術で心臓の動きを止めなければならない時に、生体を維持するためは体外循環技術が必要です。また肺炎によって全身に酸素が行き届かなくなった患者に対して、一旦からだの外に送り出された血液に、酸素を取り込ませて体内に戻してあげる事で、救命処置を施すのです。政府は企業に対して補助金を出して、ECMOの増産に協力できるような経済対策に乗り出します。(※1)

・今すぐ読みたい→
お酒は百薬の長でありたい!生活習慣病とお酒について https://cocokara-next.com/fitness/lifestyle-related-diseases-and-alcohol/


 外科的な心臓手術は体外循環技術が必要な場合が多く、その業務は主に臨床工学技士が担当しています。

勿論このECMOを管理する役割も担っています。一度ECMOのシステムが稼働し始めると、血液そのものの状態(血液の凝固時間や濃さなど)を把握しながら、からだの外に引き出す(脱血)量とからだの中に送り込む(送血)量の最適なバランスを保つように管理しなければなりません。また患者様の様態の急変やシステムの不具合などにも対応できるように、緊張感が医療現場に張り詰めます。

私は以前MDIC(医療機器情報コミュニケータ―)として、この人工肺のアフターフォローに携わってきました。いろいろな場面やたくさんの先生方の顔が回想されます。その中で、気さくで冷静さを失わない、ひとりのベテラン臨床工学技士の先生を思い出します。ECMOの操作・管理が終わったあとの表情や口数の少なさで、この業務から受ける精神的ストレスの度合いを察したものでした。





その技士の先生は清酒や焼酎が好きな方です。幸いにも患者様の様態が快方に向かい、ECMOから離脱できたら、さぞかしうれしいでしょうね。医療従事者にとってこの上ない至福の時ではないでしょうか!?

納得できた仕事のあとの一杯は格別だと思うのです。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧