論争勃発!?ひろゆきVS茂木健一郎 キラキラネームって教育の現場で実際どうなの?

タグ: 2021/3/20

 「キラキラネーム論争」の発端は、あまりに意外すぎるものでした。

 元人気YouTuberのワタナベマホト氏は、1月に元欅坂46の今泉佑唯さんとの結婚を発表し、世間を仰天させました。しかしその直後、未成年の少女へと不適切な写真を求めていたことが判明。警視庁に逮捕されていたことが分かったのです。

・今すぐ読みたい→
「あんただけは許さないわ」 山田邦子が物申したい芸能人とは!? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kunikoyamada-talks-about-kunihiromatsumura/


 ワタナベ氏の本名が「摩萌峡」であることが公になると、一気にネットが騒がしくなりました。

 「読めねぇ」「キラキラにも程がある」「画数多すぎて何かと不便」などなど…。

 そしてこれに反応したのが元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏です。ツイッター上にこう投稿したのでした。

 「親の知能は子供に遺伝します。他人が自分の子供を呼ぶために、名前をつけるのですが、一般的に読めない名前をつける親は頭が良くない可能性が高いです」

 「よって、読めない名前の子供は遺伝により頭が悪い可能性が高いです。と言う話をしてたら、また実例が増えました」

 これには2日間で1万2000のリツイート、3万2000の「いいね」がつき、大多数は賛同の声が集まったのです。





 すると、脳科学者の茂木健一郎氏はツイッター上でこのように真っ向から反論したのでした。

 「いわゆるキラキラネームについていろいろ言いたい人の気持ちはわかるけど、名前は一人ひとりの親が一生懸命つけたわけだし、子どもはそれとともに生を享け、育っていくわけだし、他人が簡単に口を挟めないことだと感じる」

 「キラキラネームをつける親には教養がないと言う人ほど人間としての教養がないと思うけど間違っていますか?」

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧