歯科医師が解説!あなたの身体の不調、実は歯の詰め物が原因かも!?

タグ: , , 2019/10/23

[記事提供:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

 こんにちは。ホワイトホワイトビューティー歯科医師の石井です。

虫歯の治療をして、保険の銀歯や金属の被せ物がお口にある方は多いかと思います。

しかし、実はこの金属の被せ物や詰め物が、体に様々な不調を引き起こす事があるのです。

お口の中の金属がアレルギーやその他の不調を引き起こしている場合、その原因が口の中にあると気付きにくい事が特徴です。

そのため、体の不調やアレルギー症状が長期化してしまう事も少なくありません。

今回は金属の詰め物、被せ物と体の不調の関係について解説したいと思います。

口の中の金属は溶けて体に蓄積する


お口の中の金属は、高温多湿のお口の中では時間とともに錆びていきます。やがて金属は唾液に溶解し、体の中に運ばれ吸収されます。

そしてタンパク質と結合して体内に蓄積されてしまいます。歯科治療では虫歯の治療の被せ物や詰め物だけでなく、神経の治療を行った後の歯の土台などに金属が使用されてきました。

お口の中で、金属は以下のような症状を引き起こす場合があります。

・口内炎・舌炎
炎症がくちの粘膜や舌に起こることがあります。

・唇の炎症
唇やお口の周り、口角などに炎症やアレルギー性の湿疹を引き起こすことがあります。

・味覚障害
炎症が舌に起こった場合、舌の味を感じる機能が低下し、味覚障害を引き起こすことがあります。

特にここ最近では、歯科金属アレルギーの患者が増加しているという報告もあります。

・合わせて読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説(https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/)

金属が溶け出して虫歯や歯茎の黒ずみの原因に

金属が溶け出すことによって、金属が浸透して歯茎を黒く染めてしまうことがあります。

また、金属が溶けだしたことによって歯と被せ物の間に隙間が生じ、そこから虫歯になってしまうことがあります。

詰め物の中で広がる虫歯は上からみただけでは見つけにくく、気付いたときには虫歯が大きく広がってしまっていることもよくあります。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧