圧痛と 「異常な血管」 の不思議な関係

タグ: , , 2019/11/3

[記事提供:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

 前回「痛みはエコーで見える、見えない?」の続き。

痛みの原因となる血流がドップラ検査で見えないくらい細いものだとしたら、何を指標としてカテーテル治療が「効果が見込めるかどうか」を決めるのでしょうか?


・合わせて読みたい→
「痛み」はエコーで見える?見えない?(https://cocokara-next.com/stress/pain-is-visible-with-echo/)

私たちが現在のところ最も信頼している指標は、「再現性のある圧痛」です。

「圧痛」というのは、ある場所を押してみて痛みが出ることです。

もちろん、非常に強い力で押せば、だれであっても、そして身体のどの部位でも痛いでしょう。しかしこの場合は「わりと軽く押しているのに痛い」状態です。

しかも「右と左と同じように押しているのに、片方だけ痛い」などのときも圧痛だと言えます。

「再現性のある」というのはどういうことかというと、何度確かめても、毎回、同じように再現されること。そんなことを意味します。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧