「新型・錦織」、長~いトンネル脱出 ツアー決勝記録

タグ: , 2019/1/7

 やっと、やっと。長いトンネルをようやく抜けた。

 テニスの2019年ツアー開幕戦となるブリスベン国際は男子シングルス決勝が6日、オーストラリアで行われ、世界9位の錦織圭(29=日清食品)が、16年2月のメンフィスオープン以来、約3年ぶりにツアー優勝を飾った。同16位のダニル・メドベージェフ(22=ロシア)を2-1で下し、ツアー通算12勝目。開幕戦の優勝も初めてで、14日から始まる全豪オープンへ最高のスタートを切った。

(c)GettyImages

・合わせて読みたい→
錦織圭、今年振り返りと20代最後のシーズンに向けて一問一答(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/keinishikori-questions-and-answers/)

粘り強い錦織の真骨頂


 ツアー大会シングルス決勝は9連敗中の「鬼門」だった。一部では「錦織はもう終わった」とも言われた。鮮やかなパッシングショットで試合を決めた錦織は、両手の拳を高々と上げた。「最高にハッピー。やっとここでタイトルがとれた」。忘れかけていた勝利の味をかみしめ、安堵の笑みがこぼれた。

 相手は昨年10月の楽天オープン決勝で敗れた22歳メドベージェフ。長身で若さあふれる直線的な弾道に苦しみ、いきなり3ゲームを先取された。だが、ここから得意のストロークで巻き返し2度ブレークするなど5ゲームを連取して逆転。第2セットは落としたが、第3セットは積極的に攻め、相手ミスも誘って3ゲームをブレーク。いら立ったメドベージェフが、何度もラケットをコートにたたきつけて悔しがる。粘り強い錦織の真骨頂だった。

 「タフな試合だった。スタートが良くなかったのに、自分のテニスを取り戻せた。2セット目でチャンスがありながら落とした。どうしたらいいかという気持ちもあったが、3セット目で修正できた。後半からリスクを背負いながら、思い切っていけた。去年はケガをしていたので、ここまで回復できてうれしい」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧