ダイエッター必見!太らないアイスの選び方

タグ: , , 2018/4/30

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

 甘くておいしいアイスクリームですが、気になるのはカロリー…。とはいっても、カシコくアイスを選んで量をコントロールすればダイエット中に食べても大丈夫。あすけん栄養士がアイスの種類と特徴、食べる際の注意点をご紹介します。

低カロリーのアイスはどれ?栄養成分をチェック!


 アイスは乳脂肪の多い順にアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの3つに分けられます。でもカロリーは乳脂肪の多い「アイスクリーム」が1番高いわけではなく、植物性油脂を加える「ラクトアイス」が一番高カロリー。
 また、アイスキャンディーやシャーベットは、アイスクリーム類とは別に扱われ「氷菓」に分類されます。「アイスクリーム」「ラクトアイス」「アイスミルク」「氷菓」のなかでは「氷菓」が1番低カロリーです。商品の裏側に記載しているので、確認してみてくださいね。

アイスクリーム
 乳固形分15.0%以上、乳脂肪分8.0%以上のもの。風味がよいのが特徴。
 100g当たり・・・180kcal
 市販アイスなら・・・ハーゲンダッツ・パルム・ピノなど

アイスミルク
 乳固形分10.0%以上、乳脂肪分3.0%以上のもの。乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないですが、植物性油脂が配合されていることも。
 100g当たり・・・167kcal
 市販アイスなら・・・雪見だいふく・チョコモナカジャンボ・牧場しぼり

ラクトアイス
 乳固形分3.0%以上のもの。乳固形分は少ないですが、風味を出すために植物性油脂が使われているものが多い。
 100g当たり・・・224kcal
 市販アイスなら・・・エッセルスーパーカップ・サンデーカップ・クーリッシュ・白くまなど

太りにくい食べ方のコツ3つ

1.糖分が吸収されやすくなる空腹時は避ける
2.コーンは意外と高カロリー。カップのものをチョイスする
3.カップはサイズの小さいものを選ぶ。または半分の量をお皿に分ける
※お皿に盛りつけると、食べ過ぎることはありません。

 ちょっとした工夫でアイスをおいしく食べられます。アイスのおおよそのカロリーを把握して、カシコクおいしく楽しみましょう!

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

関連記事

「フード&ダイエット」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧