「2022巨人打線の最大の失敗は・・・」身内も認めた致命的な「欠陥」とは

タグ: , , , , 2022/12/21

(C)Getty Images

 今季は4位と5年ぶりのBクラスに沈んだ巨人で敗因分析が進められている。20本塁打をマークした選手が5人(中田岡本和ウォーカーポランコ)出ながら、つながりに欠き、最終的には4位に終わった。

 チームが浮上できなかった要因はどこにあるのか。その点を今季は外野守備走塁コーチとして三塁ベースコーチも務め、来季から打撃コーチに転任となった亀井コーチはこう語っている。

【関連記事】オコエ巨人入り!再生のキーマン・鈴木尚広コーチに注がれる熱視線






 共に打撃部門を担うことになった大久保博元打撃チーフコーチの公式YouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」に出演した亀井コーチは今季の打線を振り返り「なかなかホームラン待ちなところがあって」「なかなか機動力が使えなかった」と重量打線があだになったと認める。

 チームの欠点としては「やっぱり主力が我が強いので、自分が決めてやるみたいな」「いいピッチャーきたらお手上げのようなところがあった」と語る。

 その上で理想とする打線については「やはり足を使いたい」ときっぱり。自身が主力として活躍しチームも日本一に輝いた2009年の打線を振り返る場面も。当時は1番の坂本から始まり、松本哲也、小笠原、ラミレス、亀井、谷、阿部、脇谷など誰もがホームランを打つ力がありながら「僕でもセーフティ(バント)もしていましたし」と、足や小技をからめた柔軟な攻撃ができていたことで「つながる打線」になっていたという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧