「死の組」と騒いでるのは日本だけ!世界的に見れば「ドイツ、スペインの2強グループ」【2022上半期ヒット】

タグ: , , 2022/6/24

ベスト8以上を目標に掲げる日本代表。ドイツ、スペインの2強にどう立ち向かうのか。(C)Getty Images

 2022年上半期にスポーツ界で起こった印象的な出来事を『CoCoKARAnext』のヒット記事で振り返るこの企画。今回は4月に発表されたカタール・ワールドカップの組み合わせ抽選について取り上げる。日本では「死の組」と話題になったが、世界では果たして……。
記事初掲載:2022年4月2日

【関連記事】巨人・中田 笑顔なきホームラン 打っても厳しい「あの存在」

 サッカーの2022カタール・ワールドカップ(W杯)は4月1日に組み合わせ抽選会が行われ、日本はドイツ、スペイン、大陸間プレーオフ枠(コスタリカ)と同じE組のグループに入った。

◆日本(FIFAランク23位)の対戦カード※ランキングは当時
11月23日
スペイン(7位)

11月27日
(コスタリカ31位)
(ニュージーランド101位)

12月1日
ドイツ(12位)

◆日本の対戦成績(2000年以降)
「対ドイツ」1分け1敗
2004年
日本 ●0-3 ドイツ
2006年
日本 △2-2 ドイツ

「対コスタリカ」2勝1分け
2002年
日本 △1-1 コスタリカ
2014年
日本 ○3-1 コスタリカ
2018年
日本 ○3-0 コスタリカ

「対スペイン」1敗
2001年
日本 ●0-1 スペイン

 スペインは2010年、ドイツは2014年のW杯優勝国で、日本は1度も勝ったことがない。コスタリカ、ニュージーランドは比較的戦いやすく、おおむねランキング通りといえる。

 抽選結果を受け、日本ではSNSを中心に「死の組」に入ったと大騒ぎしているが、世界的に見ればスペインとドイツが順当に勝ち上がる2強グループとしか見られていない。

 スペイン紙『AS』は「ドイツが同じ組に入ったのは悪かったが、突破するグループになった。日本は無害」などと報じた。ドイツ紙『Kicker』は「突破は可能。(スペイン以外は)恐れる必要のない相手。成功は義務」と、いずれも日本は格下チームの1つでしかないという位置づけだ。

 日本が2強の一角を崩すような番狂わせを起こし、世界中に「死の組に日本あり」を証明したい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]






【関連記事】日ハム・清宮 いよいよ「デッドライン」か 指揮官をあきれさせた「根本的な問題」とは
【関連記事】「この組合せは最高!」木村沙織が公開した清水邦彦との2ショットにファン歓喜!「夢の共演」
【関連記事】日本25位!英紙発表W杯パワーランキングでスペイン3位 ドイツ5位 コスタリカ29位!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧