「パンデミックの危険性が非常に高い」F1開幕戦の開催を強行するか断念するか、決断が迫られる事態に

タグ: , , 2020/2/29

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が再びF1に襲いかかりそうだ。4月に第4戦として組まれていた中国GPの開催延期が2月12日に発表されたが、感染は一向に収束する気配を見せず、爆発的な大流行、いわゆるパンデミックに発展しそうな事態に。

昨年のオーストラリアGP((C)RedBull Content Pool)





「パンデミックの危険性が非常に高い」

 そこで欧州外で行われる開幕戦オーストラリアGP(3月15日決勝)、第2戦バーレーンGP(3月22日決勝)、初開催となる第3戦ベトナムGP(4月5日決勝)に中国GPを加えた計4戦の実施を見送るとのうわさが飛び交いだした。

 特にオーストラリアGPについてはスコット・モリソン首相が2月27日に「パンデミックの危険性が非常に高い」との認識を示し、緊急対策を実施すると発表。今のところ大規模なスポーツイベントの中止を求めていないが、切迫した状況にはあるようだ。

 それでも地元のビクトリア州政府はグランプリを計画通りに実施する方針を貫いており、同州のマーティン・パクラ・スポーツ大臣が「メルボルンはF1とテニスのグランドスラムを開催する唯一の都市。3月15日にアルバートパークで開催25周年を祝うことを楽しみにしている」と中心は念頭にないようだ。

 グランプリ現場に従事するF1チームのメンバーは1チームあたり約60人に制限されているため全10チームで約600人。これにサーキットの運営スタッフ、メディア、チームゲストを含めるとパドックには1500人近い数が集結する計算で、常に集団感染の危険をはらんでいる。

・今すぐ読みたい→
新型コロナウイルスの影響でフォーミュラE中国・三亜大会が延期に!4月のF1中国GPは中止の可能性も?! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/coronavirus-affect-hold-motorsports/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧