巨人が見限った“キューバの超若手有望”だったガルシア 「2度の戦力外」を経て掴んだMLBでの絶大なる評価

タグ: , , , , 2023/10/24

強敵アストロズを前にとことん打ちまくったガルシア。覚醒した主砲はどうにも止まらなかった。(C)Getty Images

 キューバの大砲は止まる気配がなかった。

 現地10月23日に行われたメジャーリーグのアメリカン・リーグ優勝決定シリーズ最終第7戦で、レンジャーズは11-4でアストロズに大勝。上原浩治と建山義紀が在籍した2011年以来の栄冠を勝ち取った。

【動画】打った瞬間の確信弾! MVP男となったガルシアの特大アーチをチェック





 昨季のワールドチャンピオンとの覇権争いで殊勲者となったのが、レンジャーズのアドリス・ガルシアだ。39本塁打、107打点としたレギュラーシーズンの勢いそのままに、キューバの主砲は打ちまくった。このシリーズでの打撃成績は打率.357、5本塁打、打点はシリーズ史上最多の15を記録した。

 この最終戦は、とりわけ凄まじかった。チームが2点を先制した初回に追撃のタイムリーヒットを放ったガルシアは、2点差とされた4回には2試合連続となる特大の一発をマーク。これで勢いづいた30歳は“シリーズ男”は、さしものアストロズ投手陣でも止められなかった。チームが10-3と大幅にリードした終盤8回にはダメ押しとなるソロアーチをレフトスタンドへ。4安打、2本塁打、5打点の荒稼ぎで、敵地のファンを黙らせた。

 試合後にシリーズMVPに選出されたガルシア。表彰セレモニーでは「ここにいるこのチームは家族だ。俺はチームメイトの愛がなければ何もできない」と叫んだ。それは彼が歩んできた紆余曲折のキャリアを考えると、まさに魂の叫びのようであった。

 歩んできた道のりは平たんではない。2016年4月に「国内リーグで打点王となった超若手有望株」というキューバ政府の触れ込みとともに、鳴り物入りで巨人に入団したガルシアだが、23歳と若かった影響もあって“異国”日本には馴染めなかった。

 1軍では7打数ノーヒットと鳴かず飛ばずで、目立ったのは素行の悪さ。寮生活と食文化も合わず、練習態度も真面目というわけではなかったという。その姿勢は堤辰佳GM(当時)が「総合的に見て育成できるか考えて、そこまでのポテンシャルはないと判断した」と厳しく断じたほどだった。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧