矢野阪神 今季12度目の完封負け「謎采配」続出で急浮上する「解任動議」とは

タグ: , , 2022/5/27

 1点が遠い。阪神は26日の楽天戦(甲子園)に0ー1の完封負け。先発のガンケルは好投していたが、最後は守護神の岩崎が打たれた。これでチームは50試合目にして早くも12度目の0封負け。フラストレーションの溜まる試合が続いており、不穏なムードが漂っている。

【関連記事】日ハム・清宮「怠慢プレー」に厳しい目 求められる「あの改善ポイント」とは

 この日の先発はガンケル。7回3安打無失点と粘り強く投げたが、打線の援護に恵まれなかった。3回一死からは相手投手の岸からフェンス直撃の二塁打を放つなど、投打にわたって奮闘。岸からはチーム全体でも7回まで3安打しかマークしていないが、その内の1本が投手のガンケルが打ったものだった。

 注目を集めたのは8回のシーン。0ー0で迎えた8回二死二塁の好機に近本が左前打を放った。浅い当たりだったが、二塁走者の長坂は本塁に突入も外野を守る西川の好送球もあり、憤死。リクエスト判定を要求も覆らなかった。

 一方ベンチには植田、熊谷と代走で起用できる足が使える選手も控えていた。捕手も坂本、片山と3人制を敷いており、長坂に代走を送る選択肢もあった。

 この場面について矢野監督は「難しいところやったけどね。結果的に俺が行ききらんかったっていうのは受け止めている」とコメント。結果的にこの回に点を奪えなかったこともあり、9回は守護神の岩崎が代打銀次に決勝適時打を浴びて、試合終了となった。

 また8回の長坂に関する起用に関してはこんな声も上がる。

 「以前の試合でも長坂に代打を送らず、監督の采配が注目を集めたことがありました。チームの状態に波があるのは当然のこととはいえ、最近の試合では首脳陣は打てる策を全部打っているのかというところに注目が集まっています。負けるにしてもファンが『これならば仕方がない』『次は応援しよう』というような試合が少ない気はします」(放送関係者)

 延長戦の末に敗れた20日の巨人戦(甲子園)では、7回から坂本に代わって長坂がマスクをかぶった。その後、2点を追う8回一死二、三塁、同点の延長10回一死二塁でともに空振り三振に倒れたことで、代打は出せなかったのかなど、矢野監督の用兵に疑問の目が向けられていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧