WBC優勝戦士・岩村明憲氏がヤクルト・中村悠平に語った『バックアップメンバー』の大きな役割

タグ: , , , , , , 2023/2/7

写真:岩村氏提供

 現役時代、東京ヤクルトスワローズや東北楽天イーグルス、メジャーリーグ・タンパベイレイズなどで活躍し、現在は独立リーグの福島レッドホープスで球団社長兼監督として活動する岩村明憲氏が、春季キャンプ中のヤクルト中村悠平捕手(32)の元を訪れ、3月に開催されるWBCに向けて、自身の経験から国際大会のキーポイントを伝えた。中村が「岩村さんに話を聞けて気持ちが楽になりました」と笑顔を見せた話の内容とは、どんなものだったのか。岩村氏に話を聞いた。

【関連記事】「小林の1億円はもらいすぎ」巨人首脳陣が直言した小林誠司の「問題点」とは





 今回のWBCはメジャーリーグで活躍するダルビッシュ有投手(36)や大谷翔平投手(28)の参加や、国内からも2年連続投手5冠の山本由伸投手(24)や、最年少三冠王の村上宗隆内野手(23)の出場が発表されるなど、国内外で大きな注目を集めている。そんなメンバーにヤクルトのリーグ2連覇を支えた中村も招集されている。チームでは中心として支えてきたものの、WBCの舞台は初。そんな扇の要となる選手に、2006年、2009年のWBCで優勝経験を持つ岩村氏が、世界一奪還のために必要な考え方を語った。

「ピッチャーとのコミュニケーションをとる事が大切。もちろん(配球に)困ったら、原点に返って外角低めの真っ直ぐもある。でも日本代表の選手だから、その球だけじゃないという選択肢もある。それぞれのカウント球も勝負球もあるから、そこをうまく使って引き出してあげる」

 普段バッテリーを組まない他球団の投手たちとどれだけコミュニケーションをとって、信頼し合えるかが大事だと語る。WBCの舞台では一瞬の迷いや、お互いに対する不安がある状態では通用しない相手がでてくる。即席バッテリーな分、信頼関係の構築がキーになるという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧