【WBC】ドリームチームに一抹の不安 「決めきれない男」栗山監督に心配の声

タグ: , , , , , 2023/1/12

(C)Getty Images

 最強侍にまた一人、メンバーが加わった。かねてから注目されていた日系2世のラース・ヌートバー外野手(25=カージナルス)を侍ジャパンに招集することを決定。侍ジャパン栗山英樹監督(61)が明言した。

 ヌートバーは昨季108試合に出場、打率・228、14本塁打、40打点の成績を残した。強肩でも知られ、センターラインを固める選手として期待が高まる。

【関連記事】原巨人 ブリンソン獲得で追い込まれる「選手の名前」





 一方、11日に行われた代表メンバーの選考会議でもまだ決めかねているメンバーに関して、最終決定は下せなかったという。「ある程度、メンバーの方向性を出したいと思っていたが、なかなか決まらない」と栗山監督は苦悩を明かす。

 すでに大谷(エンゼルス)を含む12人の先行メンバーが発表されており、ほかにもこの日のヌートバーや山田、中村(ヤクルト)、大勢巨人)、湯浅(阪神)、吉田(レッドソックス)の選出が内定済み。足のスペシャリストとして周東(ソフトバンク)の選出も確実視されている。

 大谷やダルビッシュも参戦と正にドリームチームの様相を呈しているチーム編成について熟考を重ねるのは当然としても、「(メンバーが)決まらない」を繰り返す栗山監督には心配の声もある。

 「直前まで選手のコンディションなど見定めたい気持ちはわかるが、選ばれる選手の準備もある。栗山監督といえば、取材側の経験も長く、選手との関係性を作るのはうまいが、国際大会ではときに予想外のことも起こり、そのときどきで対応が迫られます。果たしてプレッシャーがかかる勝負の世界で冷静に戦力分析を行い、非情に徹しきれるのか。最初のメンバー選考の段階でこれだけ悩む姿を見せられると、少し不安に感じる部分もあります」(放送関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧