【独占】「一言で表すと我慢の年だった」Bリーグ三河のシェーファーアヴィ幸樹が今季を総括!来季は「何が何でも優勝したい」

タグ: , , , 2022/5/21

シェーファーは今季を振り返り、「振り返ったときに、やっぱり勝つべき試合を落としてしまったり、勝ちきれなかった試合があった」と悔しさをにじませた。(c)SeaHorses MIKAWA co.,LTD.


 B.LEAGUEはレギュラーシーズンが終わり、現在は各地でチャンピオンシップの熱戦が繰り広げられている。そんな中、今回はシーホース三河に所属するシェーファーアヴィ幸樹が「CoCoKARAnext」の独占インタビューに応じてくれた。

【リアル桜木花道のこれまで】日本代表を支えるビッグマン!シーホース三河『シェーファーアヴィ幸樹』今シーズンを振り返る

 今シーズンは西地区4位で惜しくもチャンピオンシップに届かなかったシーホース三河だが、シェーファーは1年を振り返って

「一言で表すと我慢の年だったなと思っていて。シーズン序盤はわりと良い形で入れたんですけど、そこから怪我人が出てきて、チームとしてもいまいち方向性を見失ってしまって、なかなかいいバスケットボールができなかった。その中でなんとか我慢して我慢して、自分たちでどういうバスケットボールがしたいのか話し合うことでちょっとずつ良くしていきました。その結果、終盤にはかなりいいバスケットをできたんですが、そのころには遅かったです。ちょっと足りない部分があってチャンピオンシップを逃してしまった形かなと思います。やっぱりシーズンに入る前は、チャンピオンシップには当然、出場するつもりでいましたし、優勝争いに食い込めると思っていたので、かなり残念というか、悔しい結果になりましたけど、いろいろ収穫も多い、学ぶことも多かった年になりました」

 と語り、シーズンを通してチームとしての最大値を出し続けることが出来なかったと悔しさを滲ませた。





 また、最終節の川崎ブレイブサンダースとの2連戦で勝てばチャンピオンシップ出場というところだったが、無念の2連敗。川崎戦について想いを聞かれると

「本当に悔しさしかないです、やっぱり自分自身、ああいう経験は初めてだったので。本当に1試合勝てばチャンピオンシップ、負けたら終わりっていう感じだったので、チャンピオンシップの1試合みたいな感覚で臨んだんですけど、やっぱり川崎さんの方が強かったというか、力負けというか、完全にやられてしまいました。もうちょっと自分たちにもできることがあったのかなと思いますし、そもそも、そんな状況になってしまったのも自分たちの責任なので、とにかく悔しさしかないです。

もちろん川崎戦も、相手の方が強かったという印象があるんですけど。勝てる可能性もあったので、そこに対する悔しさがやっぱり一番大きいですし、(シーズンを)振り返ったときに、やっぱり勝つべき試合を落としてしまったり、勝ちきれなかった試合があったので」

 と、最終節の川崎戦はもちろんだが、それ以外の”勝つべき試合”を落としてしまったことがプレーオフに進めなかった要因の一つだと語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧