イニエスタも悩んだ「うつ病」に大坂なおみも! 深キョン「適応障害」との違いは?

タグ: , , , , 2021/6/2

 芸能界、スポーツ界のビッグネームが相次いで心の病におかされ、休養を余儀なくされた。

 「深キョン」の愛称で親しまれる女優の深田恭子(38)が「適応障害」であることを5月26日に公表し、療養のため芸能活動を当面休止すると所属事務所を通じて発表した。

 その5日後には、女子テニス世界ランキング2位の大坂なおみ(23)が「うつ病」に悩まされていることを自身のツイッターで告白。 出場中の全仏オープンを棄権し、しばらくの間、ツアーから離れることを明かした。

(c)WOWOW

・今すぐ読みたい→
休養発表の深田恭子へ、山田邦子がエール「みんなも私もあなたが大好き」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kunikoyamada-send-ale-kyokofukada/



 うつ病と適応障害は、症状が似ているため境界線があいまいで混同されがちだが、いくつか違いもある。

 うつ病とは、気分が落ち込み、何をしても楽しめない、憂うつになる、無気力などの精神的な症状のほか、眠れない、疲れやすい、体がだるい、食欲がないといった身体的な症状が現れることのある病気で、気分障害の一つ。さまざまなストレスがかかって心がダメージを受け、ものの見方が否定的になり、自分はダメな人間だと自分を追いつめてしまう人も多い。

 適応障害は、特定の状況や出来事がつらく耐えがたくなり、日々の生活が困難になる病気のこと。精神面、身体面の症状はうつ病と同じ内容が多いが、緊張による多汗や震えなどの情緒的なもの、無断欠勤や遅刻、暴飲暴食、器物破壊、ギャンブル依存といった行動面の症状は、うつ病には見られない特徴だ。





 違いはストレス下の環境面にも現れる。適応障害はストレスの原因がはっきりしており、それを取り除くことで症状が緩和し、ストレスから離れると比較的落ち着く傾向がある。一方、うつ病の場合、ストレスから離れてもうつ状態は続き、原因を除去しても症状は改善しない点が適応障害とは異なる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧