金村義明氏が語る「落合中日と新庄ハム、類似する両監督の最大の違いは〇〇」

タグ: , , , , 2022/5/4


 開幕から依然最下位が続いている日本ハム。

開幕直後から5連敗を喫するなど、投打が噛み合わず、思うように上昇できずにいる。

それでも、今年はビッグボス自ら「育成の年」と口にしたように、スタメンは固定せず、ベテラン、若手関係なくチャンスを与えている姿が目立っている。

そんなビッグボスの采配やチーム体制について、球界レジェンド・金村義明氏がスポーツアンカー・田中大貴氏のYouTubeチャンネル「アスリートチャンネル」に出演し、常勝軍団として知られた「落合中日」との類似点等について語った。

【関連記事】「あれはストライク」佐々木朗希の“球審問題”に佐藤義則氏が見解!「僕が投手コーチだったら・・・」






決定的な差は〇〇

入団会見時から、キャンプ初日から横一線、去年までの色眼鏡は一切かけないとしていたビッグボスの発言を聞き、野球に対して真摯な姿勢など、落合博満元中日監督と似たものを感じたという金村氏。

だが、その落合中日と現在の新庄ハムとの間には、ある決定的な差があるという。

「ビッグボスには、いかんせんあの時の中日のような戦力が足りないですよね。特にピッチャーに関しては、当時浅尾や岩瀬がいましたし。なので、ビッグボスも、あれくらいの投手陣が揃えば、同じような戦いになっていくと思います」

そして、さらにビッグボスの特徴といえば、SNS等も駆使しながらとにかく発信していく姿勢だろう。

ここにも、金村氏は落合氏との違いを感じているという。

「発信に関しては、2人とも真逆ですよね。ビッグボスはとにかく選手に自分から発信している。一方で落合さんは『見てるぞー』みたいな感じで、監督ルームをシャットアウトし、キャンプ中なんかは夕方5,6時にグラウンドに登場してノックを行うみたいな感じでしたから」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧