なぜ白井球審は佐々木朗希のあの1球を「ボール」と判定してしまったのか

タグ: , , , 2022/4/28


 アウトローへと完璧に決まった1球のようにも思えます。

白井一行球審による「朗希詰め寄り事件」の発端となった、あの瞬間のことです。4月24日のオリックス・ロッテ戦(京セラドーム大阪)の2回。佐々木朗希が投じた1球に対して、ボール判定に朗希が不満そうな態度を見せたとして、白井球審は怒気をはらんで詰め寄りました。18歳の捕手・松川虎生が冷静にこれを制止する-という異例の展開に。SNS上を中心に、野球界の枠を超え、関心を集める事態となったのです。

【関連記事】止まらない白井審判員の炎上問題 絶対に犯してはいけなかった最大の過ちとは

「朗希は不満を態度に出すべきではなかった」
「白井球審が怒りとともに20歳に詰め寄ったのは何とも大人げない」
「それにしても18歳に制止される球審って、いったい」

今回の問題は様々な視点から論じられていますが、そもそも動画を確認すると、朗希が投げた外角低めへのあの球は、どう見てもストライクにしか見えないとの思いも沸き上がってきます。





スポーツ紙の野球担当デスクは言います。

「かつて野村克也さんは、アウトローへの制球力を『原点能力』と表現したことがありました。打者にとって最も遠い位置にあり、ストライクが奪えるコーナーへと、いかに制球できるかが優れた投手の条件と言えるからです。バッテリーにとっては『困った時の外角低め』。しかし、それも球審がしっかりとストライク判定してくれるからこそ、成立するロジック。あれをボール判定されちゃうと、投手は投げる球がなくなりますよね」

異例の注目度に、白井球審は試合前から平常心を失っていたとする見立てもあります。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧