巨人・中島満塁弾 存在感高める裏で追いこまれる「あの選手」とは

タグ: , , , 2022/4/28


 巨人は27日のDeNA戦(横浜)に8ー2と大勝。勝利の立役者となったのは今季1号となるグランドスラムを放った中島宏之内野手(39)だ。

【関連記事】止まらない白井審判員の炎上問題 絶対に犯してはいけなかった最大の過ちとは

 両軍無得点の4回一死満塁の場面、打席に入った中島はフルカウントからDeNA坂本のチェンジアップを捉えると、ボールはぐんぐんと伸びて、左中間へ飛び込んだ。

 今季1号を噛み締めるかのようにゆっくりダイヤモンドを1周した中島はベンチでナインの祝福を受けた。9回には4番・岡本和の2試合連続となる8号2ランでダメ押し。連敗は2でストップとなった。

 試合後の原監督はベテランの一振りを「技術もパワーもメンタルも、まだいいものが満ち溢れていますね」と絶賛。さらには「表のリーダーは勇人だろうけど、ナカジはある意味、そのリーダーを支える裏のリーダー的な存在だと思いますね。選手と監督と中間的な部分では非常に心強い選手ですね」とキャプテンの坂本と共にチームを支える存在感を高く評価した。





 一方、ベテラン中島が存在感を示すことで、二軍落ちした中田への影響が取りざたされている。

 「同じ一塁を守る中島が安定した力を発揮していることで、中田にとってはより結果が求められることになる。現在一塁手枠では上がってきた香月も4戦連続安打などアピールを続けている。激戦区となっているため、中田もうかうかしていられません」(放送関係者)

 オープン戦は好調を維持し、開幕戦では「5番・一塁」でスタメン出場を果たした中田も徐々に調子を落とし、自身の誕生日の今月22日に二軍落ちとあった。首の不調などコンディション不良も抱えつつ、現在は小笠原二軍打撃コーチらの指導を受けながら、ファームの試合にも出場、調整を続けている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧