矢野阪神 「あってはならないプレー」続出 主砲サトテルに向けられた「厳しい目」とは

タグ: , , 2022/4/28


 阪神が今季2度目の連勝を果たした。27日の中日戦(甲子園)に3―1と勝利。先発の西勇は6回5安打1失点の好投で2勝目。一方で打線はお粗末プレー続出となった。

【関連記事】止まらない白井審判員の炎上問題 絶対に犯してはいけなかった最大の過ちとは

 これでもプロ?と目を疑うようなプレーは1点リードの4回無死一、二塁の場面で起きた。打席に入った高山の一直の打球は一塁手ビシエドのグラブに。一走の山本が戻れず併殺。思わず甲子園のファンからため息が漏れるが、さらに極めつけは二走の糸井がアウトカウントを間違えて、ベンチに戻ろうとしたため帰塁が遅れ、タッチアウト。好機があっという間に悪夢に。このボーンヘッドにはベンチの矢野監督も顔をしかめるしかなかった。

 試合は西勇の好投、相手のミスも重なり勝利したが、三重殺については矢野監督も「本当に恥ずかしいプレーだし、あってはならないプレーだと思う」とナインに反省を促す。阪神が三重殺を喫したのは1999年5月27日の中日戦以来、23年ぶりだという。

 この日はほかのプレーでも「粗さ」が目立った。初回二死一、二塁の場面。右翼を守った高山が阿部の右翼線の打球の判断を誤り、グラブに当てながらも落球した(記録は適時二塁打)。





 さらに8回の二死無走者の場面でも、右翼を守っていた佐藤輝がまたも阿部の打球の目測を誤り、頭上を抜かれ二塁打を許す場面があった。この試合、佐藤輝は「4番・三塁」で先発出場したが、試合途中から右翼に回っていた。エラーこそ記録されなかったものの、この「お粗末プレー」にはテレビ解説を務めた野球評論家の小早川毅彦氏も「これはとらなくてはいけない(打球)ですよね」とばっさり。甲子園でのプレーは常に風の流れが変わるという難しさもあるが、「(風の流れが)頭に入っていなかったと言われてもしかたがない」と本拠地での試合に関わらず、事前準備が足りないと断罪してみせた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧