【プロ野球ドラフト】 日本ハムが「ユーチューバー」を1位指名

タグ: , , , 2020/10/26

 日本ハムがドラフト1位でユーチューバーを指名した。

 10月25日に行われた2020年ドラフト会議で、日本ハムは1位指名を明言していた、苫小牧駒沢大の155キロ右腕・伊藤大海投手(4年)の一本釣りに成功した。地元が北海道鹿部町出身。04年に札幌へ本拠地を移した日本ハムにとっては、球団初の「道産子1位指名」となった。

 ビッグネーム不在ドラフトといわれた今年、「変わり種」としてはナンバーワンかもしれない。






・今すぐ読みたい→
平成史上最悪のドラフト・・・ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yakult-swallows-2014-draft-players/

① 現役ユーチューバー


 アマチュアでは珍しく、自身のYoutubeチャンネルを昨年10月に開設。野球少年のために自分の体験を伝え、役立ててほしいと体の使い方、トレーニング法などを積極的に発信している。6月に投稿した「キャッチボール ルーティン」は2万3000回以上も視聴された。

 「今の子どもたちはSNSに触れる機会が多く、そこで野球のスキルアップを目指している選手が多い。自分が1か月考えてようやくわかったことをわかりやすく伝えてあげれば、成長のスピードが変わってくるのではないかと。引き出しが増え、自分にとってもプラスになっています」。

 いま流行りの「ユーチューバー」を目指しているわけではない。もともとツイッターで動画などを紹介し、ダイレクトメッセージで受けた質問に答えていた。やりとりの数が増え、重複する質問も多くなり、学校によってはツイッター禁止の規制もあるため、YouTube動画で発信することを決めた。編集作業は1人で行い、野球少年や保護者からの質問にも定期的に返信しているという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧