「菅野ありきで進めないでほしい」通算159勝の球団OBが提言!巨人の若手投手陣への期待と課題を激白

タグ: , , , , 2023/1/16

(C)Getty Images

 巨人OBが覇権奪還への鍵となる投手陣について語った。

 巨人は昨季、2017年以来5年ぶりのBクラスとなる4位となり、クライマックスシリーズ進出を逃すなど低迷した。シーズン中には、チームの大黒柱、坂本勇人が長期離脱するなど、苦しい戦いが続いた。2020年以来のリーグ制覇に向け、球団OBはどのように感じているのか。

【関連記事】侍ジャパン 「最強ジャパン」の呼び声もささやかれる「大きな穴」





 元巨人の投手で通算159勝を誇る“ミスターパーフェクト”こと槙原寛己氏が、同じく元巨人でメジャーリーグでのプレーも経験した岡島秀樹氏のYouTubeチャンネル「岡島秀樹のオキドキチャンネル」に出演し、巨人の投手陣について語った。

 槙原氏はまず、投手陣について話した。今季、10勝7敗の成績を残し、復調の兆しを見せた菅野智之については、「菅野はスピードも落ちているけど、今年の状態でよく勝ったなと思う」と、全盛期と比べると本調子とは言えないものの、一定の成績を残したことを評価した。しかし、槙原氏は、「ただ、菅野ありきで全部ことを進めないでほしい」と語る場面も。「もう戸郷という新しい若手の投手が出てきている。菅野はエースだけど、戸郷とか今年出てきた若手投手をもっと使うと思う」と、若手投手の積極起用を進めた。昨季は、戸郷が12勝を挙げるなど、巨人の投手陣を引っ張る活躍を見せた。また、プロ初勝利を含めて5勝を挙げた山崎伊織や、ルーキーで開幕ローテーション入りを果たし、5勝を挙げた赤星優志などが台頭したが、今季はさらなる飛躍を遂げることができるのだろうか。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧