フェニックスリーグで猛アピール中!プレーオフで起用したい「阪神の若手打者」とは

タグ: , , , , 2023/10/19

復調が期待される前川。なんとかアピールして大一番での出場機会をつかみたいところだ(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 現在プロ野球はCSファイナルステージが始まり、より一層の盛り上がりを見せているが、若手選手の育成の場“フェニックスリーグ”も負けてはいない。次世代のチームを担う若手のハツラツプレーはもちろん、日本シリーズ進出の可能性を残したチームに所属している選手が、大舞台での出場を目指して必死にアピールしている姿には興奮させられる。

【関連記事】あり?なし?阪神・岡田監督が禁止提言のドラフト1位指名公表、各球団の狙いと渦巻く駆け引きとは





 とりわけ、阪神の選手がフェニックスリーグで躍動している姿がよく見られる。もし阪神がCSファイナルステージを突破した際、日本シリーズでのプレーが見たくなる選手は少なくない。

 まずフェニックスリーグで絶好調の髙濱祐仁が、2試合で7打数3安打、打率.428とアピール。髙濱は昨シーズンオフにトレードで加入したが、今シーズンは一軍出場なし。それでも、2021年に107試合に出場して打率.262を記録した実績もある。バットコントロールの上手さには定評があり、内外野も守れるためベンチに入れておきたい選手と言える。

 次は井上広大。フェニックスリーグでは14打数4安打、打率.285と悪くない。1本塁打も放っており一発の可能性を秘めている。今シーズン一軍では打率.229と結果を残せなかったが、ファームでは2年連続の二桁本塁打をマーク。日本シリーズは本塁打で試合が決まることが多く、井上のスイングに期待したくなる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧