日本ハム・「新庄監督」は実は適任? 近年のプロ野球監督で名将の条件に上げられている2つの要素とは

タグ: , , 2021/10/24

 仰天ニュースは現実のものとなるのか。野球ファンのみならず世間を騒がしているのが、日本ハムの新監督候補に新庄剛志氏が浮上という一報だ。2006年の現役引退後、長く野球界を離れ、バリ島へ移住していた。一体新庄にプロ野球の監督が務まるのか、というのがもっぱらの話題だ。

・今すぐ読みたい→
日本ハム・「新庄監督」で負のイメージ一掃か 急浮上の理由とは hthttps://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-legend-tsuyoshishinjo/



 前代未聞の人事に映るが、一方で「実は適任ではないか」とささやく球界内部の声も漏れ伝わってくる。野球に対する取り組み方や、練習へ臨む姿勢など。世間へ露出する姿はエンターテイナーとして彩った姿であり、実際の新庄氏は誰よりも野球のことを考え、深く理解している、という指摘だ。

 果たして実際のところはどうなのか。日本ハムファンのみならず、今から来季開幕が待ち遠しいのではないか。もっともバックボーンを考えれば、そこには名将になるための条件が兼ね備わっている。

 近年のプロ野球の監督として、名将の条件に上げられているものが2つある。1つは元メジャーリーガー、もう1つは故・野村克也氏の遺伝子。新庄氏もこの2つを備えた一人なのである。





 既に今季限りでの退任を表明している監督もいるが、現在の12球団の指揮官を見渡すと、ロッテ・井口資仁監督、楽天・石井一久監督、ヤクルト・高津臣吾監督は元メジャーリーガー。そして野村克也氏の元でプレーした経験があるのは、その石井、高津両監督と、日本ハム・栗山、西武・辻、中日・与田、阪神・矢野監督と12球団中半分の6人が当てはまる。侍ジャパンを東京五輪の金メダルに導いた稲葉監督も、野村氏の教え子だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧