これが読めたらマニア!?珍しい名前を誇る選手〜日ハム編〜

タグ: , , 2022/8/14

 近年話題になっているキラキラネーム。初見ではなかなか読めない名前を目にすることも多い。

一方で、プロ野球界にも、一発で読み当てることの難しい選手も多く見かける。

そこで今回は、今プロ野球界で最も注目されているといっても良い北海道日本ハムファイターズから、珍しい読み方をする選手4名をご紹介したい。

【関連記事】燕 泥沼7連敗!村上孤軍奮闘で指揮官から叱咤された「選手の名前」とは





①宮田輝星(みやた・ほくと)
背番号69。外野手。俊足が売りのスイッチヒッター。2019年育成ドラフト1位で指名され、2021年に支配下登録。50m5秒7という俊足の持ち主。

注目したいのは「輝星」という名前。同じチームに所属する吉田輝星と全く同じ漢字であるが、吉田の読み方は「こうせい」。
そのこともあり、「みやた・こうせい」と読まれがちであるが、宮田は「ほくと」なので覚えて欲しい。

②田宮裕涼(たみや・ゆあ)
背番号64。捕手。守備や打撃のみならず、キャッチャーながら俊足を誇るポテンシャルの持ち主。

こちらも注目したいのは「裕涼」という名前だろう。なかなか一発読みあてるには難易度が高い。
本人も自身のSNSではプロフィール文に「裕涼と書いてゆあと読みます」と記載しているほか、投稿時には「#たみやゆあです」とのハッシュタグでネームアピールもしている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧