辻西武・新庄ハムで「遺恨バトル」に発展か 注目集める「ポイント」とは

タグ: , , , , 2022/8/12

(C)CoCoKARAnext

 西武にとっては何ともフラストレーションのたまるカードとなったようだ。西武は11日の日本ハム戦(札幌ドーム)に延長戦の末、2ー3と敗れた。

【関連記事】日ハム・清宮 相手指揮官からも批判を浴びた「新たな悪癖」とは

 先発の松本は112球の粘投を見せたが、延長10回に清水にサヨナラ打を許し力つきた。打線はプロ初先発となった変則右腕の鈴木をとらえきれず。このカード、1分けをはさみ、最下位日本ハム相手に2試合連続のサヨナラ負け。辻監督は「最初から楽にいくとは思っていない。これから」と3年ぶりのV奪回に向け、前を見据えた。

 一方、このカード、注目を集めたプレーがいくつかあった。一つは10日の試合で起こった清宮の危険スライディング問題。2ー2で迎えた8回一死一、二塁の場面で近藤が二塁へのゴロを放ち、一走・清宮は二塁へスライディングを試みるがベースに近く、勢い余って二塁ベースカバーに入った源田と交錯した。清宮の頭部付近と源田の左膝が激しく激突、双方ともしばらく起き上がれず、場内が騒然となる場面もあった。

 一時はセーフとなったがリプレー検証の結果、清宮のスライディングが「危険スライディング」と判定され、ボナファイドルールの適用で打者走者・近藤もアウトとなった。





 一夜明けて11日の試合前に、清宮は改めて源田に謝罪。これを源田も受け入れたという。

 一方、新庄監督はこんなコメントを残した。

 「ベースが足から越えてしまったら、ああいう審判の判断になる。まあ、危険なスライディングとは思えなかったけど、そういうルールがあるのであれば、そうならないように練習してもらう」と清宮をかばう姿勢も見せた。

 一方、このプレーに関してはネット上からも、清宮の走塁技術を疑問視する声も上がっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧