原巨人 「一軍切符」を手に入れられなかった「選手の名前」

タグ: , , , 2022/11/14

(C)Getty Images

 巨人は13日、宮崎・サンマリンスタジアムでソフトバンクとの練習試合を行った。「4番・一塁」で先発出場した秋広が、3安打の猛打賞。V奪回を目指す来季に向け、明るい材料を提供する一方で課題が露呈した選手もいた。

【関連記事】「思っていた中の1ぐらいしか働かなかった」巨人・原監督が「戦犯」に名指しした「選手の名前」






 この日の秋広は2回先頭の打席で左腕・大関から外角球を技ありの左前打とすると、2ー6の5回二死二塁の場面ではサブマリン・高橋礼の直球を捉え中前適時打をマーク。さらに高橋純から一塁強襲の右前打を放つなど広角に打ち分けた点も光った。実績のある投手からしっかり結果を残し、これには原監督もこの日の試合でソロ本塁打を含む2安打とアピールした増田陸とともに「秋広、陸ちゃんは春、1軍からスタートさせたいなというのを見せるよね。内容が良かった」と評価。来年2月から始まる春季キャンプで1軍スタートを示唆した。

 一方、厳しい目を向けられたのは投手陣だった。先発した直江は、初回に正木の犠飛で先制点を奪われると、2回は佐藤直に2ランを浴びるなど安定感を欠く投球で2回5安打3失点。2番手の赤星も2被弾、2回3失点と傷を広げた。試合を見守った原監督は「ブルペンのピッチングができたか否かというところはね。本人たちがどう考えるか」と課題を突き付けた。

 高卒4年目シーズンとなった直江は飛躍が期待されている選手の一人。今季は8月13日の広島戦でプロ初勝利を挙げた。9試合に登板して、1勝1敗、防御率3・38。厳しいコメントを発した一方で、打たれた直江とは、すぐに指揮官自らスタンドで「青空会談」に臨むなど、意識改革を求めた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧