巨人 燕に7・5差! 失速の裏にある「笑顔事件」とは

タグ: , 2021/10/7

 巨人が首位・ヤクルトに痛恨の連敗を喫した。

6日のヤクルト戦(神宮)に0―3。先発のメルセデスは6回途中まで投げ2失点と粘投したが、この日も打線の援護はなし。3試合連続2桁三振となる12三振を喫し、今季11度目の完封負けとまさにどん底。残り13試合で首位ヤクルトとのゲーム差は7・5、2位阪神とも6・5ゲーム差をつけた。この日、ヤクルト、阪神はそろってCS進出を決めた。

・今すぐ読みたい→
原巨人いよいよ終戦か 総額3億円 ささやかれる「戦犯の名前」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-end-of-the-pennant-race/



 
 期待された打線はこの日も目覚めなかった。復調気配の丸を5番に据え、久々に「サカ・オカ・マル」(坂本、岡本和、丸)のクリーンアップを形成したが、合計11打数1安打と不発に終わった。首位のヤクルトとは7・5差。逆転Vには絶望的な数字となったが、原監督は「先のことは誰も分からない。今日のゲーム、一打席、一球を大事にする。ベストを尽くす」とあきらめない姿勢を示した。

 一方でこの3連戦の中でもヤクルトは初戦に村上が併殺崩れのためにヘッドスライディングを敢行など、勝利への執念を見せる中、巨人打線は簡単に三振を取られるなど淡泊な攻撃が目立つ。リーグ2連覇を果たしたチームに一体、何が起きているのか。最近、指摘されているのが「負けゲームでもナインに笑顔が見られること。勝利への執念が感じられないと、巨人OBの堀内さんや中畑さんが指摘しています」(放送関係者)。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧