原巨人5連敗!中田大減俸も 歴史的大失速で嵐のオフ決定

タグ: , , 2021/10/1

 完全に力負けだった。巨人は30日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)に0―1と中日の左腕エース・大野相手に二塁も踏めぬ惨敗で今季初の同一カード3連敗、5年ぶりの中日戦負け越しとなった。2試合連続の完封負けを含む5連敗で勝負と位置づけた9月を6勝14敗5分けと大失速。このままV逸となれば、嵐のオフは必至となった。

・今すぐ読みたい→
原巨人いよいよ終戦か 総額3億円 ささやかれる「戦犯の名前」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-end-of-the-pennant-race/



 
 試合時間が覇気のないチーム状況を何よりも物語っていた。2時間15分のワンサイドゲーム。先発メルセデスは6回1失点と試合を作るも、打線が大野を打ち崩せない。散発3安打で二塁も踏めず、原監督は「今、(打線が)トンネルの中に入っているからね。みんなで早く抜けるようにして、抜けたときは楽しみよ」と必死に前を向いた。

 一方、試合後は不振が続いていた中田とこのカードから昇格したルーキー・秋広の降格が決まった。中田は21日の広島戦(マツダ)から再合流。23日の広島戦で本塁打を放ったものの、その後は低迷から抜け出せず、最近6試合は15打数1安打。30日の中日戦は「6番・一塁」で先発出場したが、二回無死一塁で迎えた第1打席を遊ゴロ併殺打、5回先頭の第2打席を遊飛に倒れるとこの回から、一塁に大城が入り、交代となった。

 一方、中田の今後も厳しさを増してきた。8月20日に日本ハムから無償トレードで巨人に加入。同僚への暴力行為を起こしたことで今後のプロ野球生活継続も危ぶまれたところを原監督の温情トレードともいわれたが「根本はもちろん昨年のパ・リーグ打点王として戦力として期待していたはず。この体たらくではオフの大減俸も避けられないでしょうね」(球界OB)。





 中田の年俸は3億4000万円(推定)。昨季は、4年ぶり3度目の打点王を獲得、リーグ2位でキャリアハイの31本塁打をマークと長年主砲を務めていた日本ハムの「看板料」込みの価格としてはふさわしいかもしれないが、来季以降、この状態が続けばレギュラー確保も難しい。

 「生え抜きで今季はクリーンアップの一角も務めた亀井で1億円(推定)ですからね。『市場価格』をフロントがどう判断するかになります」(同)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧