Gプレ開幕戦に「完敗」で浮き彫りとなった 巨人と中日の「若手育成環境の差」とは

タグ: , 2022/3/16

 好対照なゲーム内容となった。巨人は15日の中日とのオープン戦(バンテリンドーム)に2―6と敗れ、オープン戦は1分けをはさんで7連敗。先発の山口は満塁弾を浴びるなど2回4失点KO。打線も主砲の岡本和を欠き4番に好調な中田を置くも、つながらず。相変わらずのちぐはぐさが目立った。

・今すぐ読みたい→
原巨人 非常事態!オープン戦7連敗で急浮上する「緊急補強」の可能性とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-possibility-of-emergency-reinforcement/


 一方で投打ともに勢いを示したのが中日だった。先発の左腕・小笠原は7回100球を投げ、7安打無失点。緩急をつけた安定のピッチングで開幕に向けはずみをつけると、打線で目をひいたのは新切り込み隊長の1番に入った岡林だ。初回、いきなり甘く入った初球をとらえ、中前へ運んでチャンスメイクすると、この回は、捕手・木下のグランドスラムが飛び出し、4点をリード。その後もバットは止まらず、3安打1四球としっかり「1番打者」の役割をこなしてみせた。立浪監督も岡林に関して開幕スタメン起用を示唆。「1番が出ると活気が出る」と期待の若手がしっかり出てきたことを喜んだ。

 この日の試合では中日からはプロ3年目で飛躍が期待される岡林、また投手王国の一翼を担う存在として期待を集める小笠原もしっかり結果を残した。一方で「若手積極起用」をスローガンに春季キャンプから戦力の底上げを目指してきた巨人では、特に野手陣で目立った選手が出てきていない。この差はどこにあるのか。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧