「昔の名前ではダメ」巨人・原監督が坂本の「衰え」を指摘 突きつけた「最後通告」とは

タグ: , , , , 2022/10/28

(C)Getty Images

 2022シーズンを4位と5年ぶりのBクラスに沈んだ巨人。投打ともにほころびが目立ったシーズンを原監督はどう見ていたのか。

 第二次政権でヘッドコーチも務め、腹心とされたOBの岡崎郁氏のYouTubeチャンネル「アスリートアカデミア」に出演、悔しかったシーズンを赤裸々に振り返った。

【関連記事】原巨人「だらしなかった」 屈辱のBクラスで指揮官から断罪された「選手の名前」






 27日に更新された「2022巨人軍総括 坂本勇人の処遇」と題された動画内で原監督は今シーズンを振り返って「今までの監督(人生)の中で1番悔しいね、1番(チームが)弱いね」とキッパリ。ここまで通算16年を務めた監督人生の中で、ここまで悔しさを覚えたシーズンはなかったという。

 今季は「若手の育成と勝利」という2大命題を託され、スタートした。開幕当初こそ若手投手陣に白星がつくなど順調な滑り出しとなったが、5月あたりから暗雲が漂ってきた。誤算は中堅、ベテラン勢にあった。起用した若手が年間通してのパフォーマンスが見込めないことは想定内だったが、シーズン終盤、最後の追い上げでチームを支えることを期待した中堅以上の選手たちが思ったように機能しなかったことが響いたというのだ。

 大きな誤算の一つはキャプテン・坂本勇人内野手(33)の度重なる故障にもあった。

 開幕前に脇腹を痛めたことを含めれば、3度の故障離脱。これには首脳陣も頭を抱えたという。

 中でも4月30日の阪神戦(東京ドーム)では、7回の守備中に遊ゴロを処理した際に負傷。このプレーで坂本は右膝内側側副靱帯損傷と診断され抹消、復帰までに1か月を要した。

 原監督は遊撃手としてのルーティンの動きの中で負傷したことを疑問視。その後も7月には腰痛を理由にシーズン3度目の抹消となった。「出るからには長く出てもらいたいしね」と度重なる故障が続いたシーズンに厳しく目を向けた。

 来季34歳シーズンを迎える坂本にはコンバートの噂もつきまとう。今季離脱した際には早期復帰を目的にファーストコンバートを提示した原監督も、本人が遊撃ポジションへのこだわりを強く示したという。

 「本人はショートで始まり、ショートで戦い抜くというのが理想だと思っている」と理解を示しつつ、「だったら何が足りないか分っているだろうから、必死にやろう」と坂本本人に語りかけたという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧