原巨人「だらしなかった」 屈辱のBクラスで指揮官から断罪された「選手の名前」

タグ: , , , , 2022/10/29

(C)Getty Images

 巨人は28日、与那原大剛(24)、沼田翔平(22)両投手、平間隼人内野手(25)の育成3選手と来季の契約を結ばないと発表した。今季4位と5年ぶりのBクラスに沈んだチームでは「血の入れ替え」が着々と進んでいる。

 また投打ともに課題が多く目立ったシーズン、原監督はどう見ていたのか。

【関連記事】井納に続き山口俊までも戦力外 巨人FA戦士のつらい末路






 第二次政権でヘッドコーチも務め、腹心とされたOBの岡崎郁氏のYouTubeチャンネル「アスリートアカデミア」に出演、悔しかったシーズンを赤裸々に振り返った。

 27日に更新された「2022巨人軍総括 坂本勇人の処遇」と題された動画内で原監督は今シーズンを振り返って「今までの監督(人生)の中で1番悔しいね、1番(チームが)弱いね」とキッパリ。ここまで通算16年の監督人生の中で、ここまでチームの歯車がかみ合わなかったシーズンはなかったという。

 今季は「若手の育成と勝利」という両立させるのが難しい2つの命題を託され、スタートした。4月には赤星、堀田といった若い投手が次々と初勝利を飾るなど華々しくスタートを切る一方で、チームは徐々に下降線をたどっていった。

 そこには原監督も「若い人たちの力に頼ろうとするとなかなか難しかった」と認めるように、経験値の浅い若手にシーズン通してのパフォーマンスが難しかった点もある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧