「トイレにも行けない!?」知られざる日本シリーズ秘話とは

タグ: , , , 2021/12/14

 ヤクルトが20年ぶりの日本一を飾った日本シリーズ。

オリックスとの連日の熱戦も話題を呼んだが、そんな大舞台の裏側も興味深い。

今回はともにヤクルトOBであり、2015年にはシリーズ覇者の監督として日本シリーズを戦った真中満氏と、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルト、侍ジャパンでもコーチを務めた現BCリーグ新潟アルビレックス・ベースボールクラブ監督の橋上秀樹氏が自身のYouTubeチャンネル「アナライズTV」で語り合った。

【動画】橋上秀樹氏が語る裏話 勝呂さんが寒すぎてトイレを諦めた話
・今すぐ読みたい→
大田泰示DeNA入りで加速する「あの球団」潰しとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taishiohta-baystars/

CSまでの調整方法は毎年違った


レギュラーシーズン終了からCSまでの期間の調整方法についてヤクルトで監督として2015年にリーグ優勝を果たした真中氏は当時の経験をこう振り返る。

「フェニックスリーグ(毎年10月に宮崎で行われる教育リーグ)で3試合ぐらいやったかな?バッターは2,3打席立ったりピッチャーは1回とか2回とか投げたり。僕も優勝したの初めてだし,僕が選手だったらって考えたらわざわざ宮崎へ行くのも大変なのかなと思ったんですけど打席の感覚って大事じゃないですか」

一方、読売ジャイアンツのコーチとしてリーグ3連覇を経験している橋上氏は3回とも違う調整方法だったという。

「1回目はフェニックス行ってやって、2回目の時は行かなくて通常の練習だった。3回目は行かなくてクラブチームとか社会人チームを呼んで東京ドームで試合やったの。結果的に最初の年は日本一になったし2回目の時はCS突破して、でも日本シリーズ負けて。3回目の時はCSで阪神に4連敗して終わっちゃったのよ」

「調整は難しいですよ」「調整何がいいかってないんだよね」と真中氏と橋上氏。





またデッドボールについて、真中氏は「そこまで考えたらしょうがないかなと思ってゲームしてましたね」と話す。

レギュラーシーズン終了後、チームによってはCSまで期間が空くことでその間に実戦感覚を失わないようにすることも大事とされる。しかし、いまだに明確な「答え」は見つかってないというのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧