「シュートの秘訣は・・・」球界屈指のシュートの使い手による投げ方講座!! 橋上秀樹氏×川崎憲次郎氏対談】

タグ: , , , 2022/6/17

 現役時代は東京ヤクルトスワローズなどで活躍し、現在は野球評論家として活動する川崎憲次郎氏をゲストに迎え、同じくヤクルトなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルトさらには侍ジャパンでコーチを務めたBCリーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏が橋上氏のYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」でシュートの投げ方について語り合った。

【動画】川崎憲次郎氏が語る、シュートのおかげで選手寿命倍増!?西本さんと盛田さんのシュートは真似できない!

「まっすぐとシュートの投げ方の違いを教えてください」

動画の冒頭から橋上氏は、現役時代シュートを得意球として活躍してきた川崎氏にそのシュートの極意を尋ねた。

野球人なら誰しも聞きたいであろうこの質問に川崎氏は、基本的には自分の感触のいいところで握りながらで良いと前置きしながら、川崎氏流の投げ方を教えてくれた。

「普通に投げると曲がらないんですよ。一番難しいのは体を引き締める事なんです。開くんじゃなくてストレート以上に引き締める事。大きく曲げようとすれば、肘を落として体を開けば簡単に曲がる。でもプロで通用する球にするには体を開かずに投げる。そうすると手元でキュッと曲がる」

と、具体的な体の使い方を披露。大きな変化を求めるがあまり体を開きがちになってしまうという注意点を挙げながら、シュートは小さな変化で、手元で変化するキレが重要だと説明。さらにシュートのメリットについても川崎氏は、

「打たせるボールだから、体にも負担が少ない。三振取ろうとすると3球かかるけど、シュートなら1球」打者を打ち取るボールとして有効という考え方を示した上でこう続ける。

「シュートを覚えるだけじゃなくて考え方を変えなきゃいけないんですよ。三振を取りに行くことが生きがいだったピッチャーはそれを取られることになる。だから、大事なものを捨てることを最初に考えるんです。三振を捨てて、内野ゴロをとる事を楽しみにしたらシュートが完成したんです」

と、シュートを覚えることは自身の投球術への考えも変化させたとして、球数を抑える役割がとても大きいと解説。シュートを取得する際には投手自身の考え方をまず最初に変えさせることが鉄則だと語った。





これには橋上氏も、

「打たせるボールだからね。インフィールドにとびやすいから、勝負がつきやすい」

と、シュートの役割は芯を外させて凡打を打たせることにあると同意。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧