橋上秀樹氏がユーチューバーデビューで真中氏と「ヤクルト派閥」について告白!「僕は『隠れ橋上一派』でした」

タグ: , , , , 2021/11/22

 野球界からまたユーチューバーが誕生した。

現役時代、ヤクルトなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルトさらには侍ジャパンでコーチを務めた、現・BCリーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏が20日、YouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」を開設した。

その記念すべき初回の動画では、元ヤクルト監督・真中満氏が登場。両者にゆかりのあるヤクルトの「派閥」について語られた。

【初回動画】ゲストの真中満さんと派閥の話で大盛り上がり!
・今すぐ読みたい→
原巨人 「早くも1敗」といわれる痛恨のコーチ人事とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tetsuyautsumi-lions-coach/



 今年で28年目と、長きに渡って親交のあるという2人。

現役時代、共にヤクルトでプレーした先輩後輩であり、真中氏は橋上氏が付けていた背番号「31」を引き継いだ「後継者」でもある。

そんな2人の出会いを橋上氏はこのように振り返る。

「ユマ(アメリカ)でキャンプ部屋が一緒だったよね。あの時、年上の選手が同部屋の年下選手を選べたんですよ。当時真中は新人でしたけど、僕の背番号を引き継いでくれたので、じゃあ真中でと、同部屋になりました」

一方、この事実を初めて知ったという真中氏は

「え、あれ橋上さんが選んだんですか!?よく得体の知らない僕を選んでくれましたね」

と、橋上氏と同部屋になった理由について初めて知った様子だった。





その後も同部屋になる機会が多かったという2人。

そんな中、橋上氏は当時の「ヤクルト派閥話」についてこんな話を明かした。

「当時、古田(敦也)派と池山(隆寛)派みたいに分かれていて。僕ら同世代だったですが、仲がいい訳ではないけど、互いに悪いことをいう訳でもなく、一緒に行動するよりは年下の選手を連れるといった感じでした。古田に誘われても行くし、イケ(池山)に誘われても行くけど、どちらの色もついてない人が僕のところにくるといった感じでしたね」

チーム内に「派閥」たるものがあるなか、真中氏は

「僕は、意外と3人とも仲が良かったし、可愛がってもらっていたので、ある意味『隠れ橋上派』みたいな感じでしたよね」

と、自身の「所属」について触れる一面もあった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧