”MMAアジア最強決定戦”に挑む扇久保博正が格闘技を始めたきっかけは?「憧れはKID選手やシウバ選手。小さくても活躍できるんだと」

タグ: , , , , 2022/9/24

(C)CoCoKARAnext

 2021年大晦日のRIZINバンタム級JAPANグランプリに参戦し、決勝で朝倉海を下して優勝を飾った扇久保博正。その激闘からおよそ9か月ぶりとなる9月25日、さいたまスーパーアリーナで行われる格闘技イベント『The Battle Cats presents 超RIZIN / 湘南美容クリニック presents RIZIN.38』で、キム・スーチョル(韓国)と対戦することが決まった。そんな大会直前の扇久保博正に独占インタビューを実施した。

【関連記事】「勝って大晦日に堀口選手と」格闘家・扇久保博正が抱く”決戦”への意気込みとは






 35歳の今も格闘技界のトップレベルで活躍する扇久保。「小さい頃から高校3年生まで空手をやっていて、途中で柔道もやっていた」と話すように、格闘技の世界には昔から足を踏み入れていた。そして、そんな扇久保少年が虜になったのが当時、山本“KID”徳郁など世界中の名だたる格闘家を有し、『世界最高峰の舞台』として総合格闘技人気の火付け役となった「PRIDE」だった。

「進路を決める時期にPRIDEが流行っていて、テレビで見て決めました」。そう語るほどに扇久保の人生に大きな影響を与えたPRIDE。「山本KID選手が出ていて、同じ身長でこんな小さくても活躍できるんだと思った。憧れはKID選手やヴァンダレイ・シウバ選手」と、小さな体でド派手に試合を決める格闘技界のカリスマや、PRIDEの舞台で17連勝という無類の強さを誇ったブラジル人格闘家に、強烈な憧れを抱いた。

 高校卒業後に上京して格闘技を始めた扇久保は、非凡な才能を早い段階で示すことになる。上京から半年でプロ昇格を果たすのだ。元々、空手や柔道をやっていたとはいえ、早すぎる”出世”だった。しかし、扇久保自身の気持ちには全く驕りはなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧