約5年ぶりの女子GP開催に前回覇者・浅倉カンナが弱気発言 「正直、まだ自信がなくて。試合までに完成させてと思っています」

タグ: , , , , 2022/7/21

(C)CoCoKARAnext

 来る7月31日、さいたまスーパーアリーナでの「RIZIN.37」にて、女子スーパーアトム級グランプリが開催される。ここに参戦するのが浅倉カンナだ。カンナは2017年に開催された同GPの優勝者。決勝戦では当時、優勝候補の本命だったRENAを下し、一気に女子格の主役に成り上がった。あれから約5年、女子格の顔ぶれも様変わりする中、前回の覇者としての参戦が決定。果たしてカンナの心境は?全3回の第1回。(取材・文=“Show”大谷泰顕)

【関連記事】女子GP開催前に天心×武尊戦に刺激を受けた浅倉カンナが断言 「あの大会はあの二人がいてこその熱だった。女子GPでは女子にも強い選手がいることを見せたい」

――先ほど、会見が終わりました。今の心境は?
「発表されると、ワクワクと緊張と…しますね」

――1回戦の対戦相手がパク・シウ選手になりました。まずこの試合をオファーされた時の心境は?
「トーナメントに出られる嬉しさと、レベルの高いトーナメントになるんだろうなっていう印象ですね」

――今日の会見では8名が参加するトーナメントが発表されました。メンツを見て、闘いたいと思った選手はいましたか?
「いやあ、まずは1回戦に集中しないと厳しいと思うので、まずは1個ずつって感じです、今回は。先は見えてないですね、まだ」

――いつもとは違う感じですか?
「いや、でも試合は試合なので同じなんですけど、その先があるじゃないですか。目指すのはその先の先なんですけど、その中でも1回戦は、自分の中では怖い選手なので、ここを勝ち切らないとなっていう感じですね」

――他に1回戦は3試合が組まれています。気になる試合は?
「うーん、どうですかね?3試合とも次の相手の候補にはなりますので、気にはなりますけどね」





――例えば、会見上ではRENA選手が「優勝よりも、王者の伊澤星花選手と闘いたい」と。
「いや、自分はそういうのがないので、そういうのがあるRENAさんはさすがだなと思いますね」

――ちなみに会見(7月7日の七夕の日)では、短冊に願い事を書く場面がありました。
「はい」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧