「ちょっと覇気が感じられない」清原和博氏がCS解説で古巣・西武に愛あるゲキ! 課題についても言及

タグ: , , , 2024/6/6

清原和博氏が古巣・西武にゲキを飛ばした(C)Getty Images

 西武や巨人などで活躍した元プロ野球選手の清原和博氏が6月6日、坂口智隆氏とともにCS放送『フジテレビONE』の主音声でヤクルト‐西武戦(神宮)の解説に登場した。

【動画】見たか!西武、元山が起死回生の一発を放ったシーン





 副音声には、かつて西武で9年間同じユニフォームを着てプレーした鈴木健氏も解説に登場。同氏は清原氏に向かって「偉大な大先輩でもありますし、目標にしてきた選手」といえば、清原氏は「彼が入って来たとき天才バッターが入って来たと思った。衝撃を受けた」とのやり取りを展開した。

 通算525本塁打の稀代のスラッガーは、現在リーグ最下位に沈む古巣の西武打線について「打線のつながりでしょうね、ライオンズに関しては…」と話し、この日、6番スタメンで2022年のドラフト1位で入団した蛭間拓哉について「1年経つごとに、ドラフト1位というのがのしかかってくる」と自身の経験も交えて話していた。

 ヤクルトでは、自身の最年少200号の記録を塗り替えた村上宗隆については「苦しんでたけど、シーズン長いですから、交流戦を乗り切れば後半戦は期待できる」と太鼓判を押したが、初回の一死一・二塁で左飛に倒れた打席に関しては「4番の仕事として最低でもランナーを進めておきたかった」と、注文も忘れなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧