DeNA三嶋が国指定の難病手術、過去に乗り越えてきた男たちとは

タグ: , , , 2022/9/1

(C)CoCoKARAnext

 聞き慣れない病名に戸惑ったファンも多いだろう。DeNAは8月30日、三嶋一輝投手が国指定の難病「黄色靱帯骨化症」と診断され、都内の病院で「胸椎黄色靱帯骨化切除術」を受けたと発表した。

【関連記事】DeNA・三嶋一輝選手インタビュー ~心と体の整え方






 黄色靱帯骨化症とは、黄色靱帯が骨化して神経を圧迫するという難病。過去の現役選手では、パフォーマンスの低下に悩まされ、精密検査を受けたところ発見されたケースが多い。神経が圧迫されたことで痛みやしびれを発生させ、その部位の可動域が制限される。それらがパフォーマンス低下を招いており、投手に多いのも特徴の一つだ。

 この難病を克服し、復活を遂げた投手として名高いのが、ソフトバンクなどで活躍した大隣憲司。2013年3月にはWBCの侍ジャパンにも選出された左腕は、シーズン開幕後は腰痛に悩まされ続けた。6月に病院で診察を受け、黄色靱帯骨化症と診断された。

 このシーズンは絶望となったが、必死のリハビリで秋季教育リーグのフェニックス・リーグで実戦復帰を果たす。翌2014年7月には中継ぎで1軍復帰を果たした。その後、7月27日のオリックス戦に先発し、7回1失点の好投で422日ぶりの復活勝利を挙げた。これは日本のプロ野球選手が同症を発症後、勝利した第1号でもあった。9月のオリックス戦では完封勝利も達成。CSでも活躍し、日本シリーズ第3戦にも先発して勝利投手になるなど、チームの日本一に大きく貢献した。

 翌年以降も左肘痛などにも悩まされながら、2018年にロッテで現役引退の時を迎えるまで、1軍のマウンドに立ち続けた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧