錦織圭 独占インタビュー 全米オープン今夜開幕

タグ: , , , 2018/8/27

 テニスの全米オープンがいよいよ本日開幕。

 WOWOWでは、2018シーズン最後のグランドスラム(四大大会)全米オープンテニスを、晩夏のアメリカ・ニューヨークから連日独占生中継(8月27日~9月10日)。大会第1日(8月27日夜11:55~)、大会第5日ナイトセッション(9月1日午前7:30~)、いずれも無料放送される。

写真:AFP/アフロ


 会場はUSTAビリー・ジーン・キング ナショナル・テニス・センターで、センターコートのアーサー・アッシュ・スタジアムは世界最大級のテニス専用競技場として知られる。また、今年から初めて、新スタジアムのルイ・アームストロング・スタジアムでナイトセッションも行なわれる。

 全米オープンはエンターテインメント色が強く、大音量のBGMや華やかな演出は 「テニスのお祭り」さながら。そんな熱い会場の雰囲気をそのままに、感動と興奮の試合をお届け。

 今大会は第21シードとして臨み、男子シングルス1回戦でマクシミリアン・マルテレル(ドイツ)と対戦する錦織圭。WOWOWの独占インタビューに語った。

Q:全米オープンを前に夏のハードコートシーズンの調子を教えてください。

「試合によってアップダウンがあるのが現状で、この3試合(ハードコートシーズンには)ワシントンから来ていますが、良い試合と悪い試合が出てしまうので、その中でうまくプレーができている時はあります。この間のワウリンカ戦は後半から自分の質が落ちてきてしまったので、まだまだ修正すべき点があるのですが、練習をしっかり積み重ねて、今は良い調子を取り戻せては来ています。」

Q:この2年ほどはサーブを変えてきて、今はすごく省エネでいいサーブをされているように見えますが、慣れる時間は必要ですか?

「サーブは良くなってきていますね。ハードコートシーズンでは確率が悪くなったり、ダブルフォルトが増えたりとそこまでは良くありませんが、変えてから半年以上経つので、最初の方は戸惑いというか慣れていない所もあって、ぶれる時が多かったのですが、今はしっくり来て気持ちよく打てています。」

Q:ファーストサーブの時にボールを1球しか受け取らない、一球入魂スタイルは慣れましたか。

「いいですね。ファーストサーブを打った後も時間も取れるので、セカンドサーブを打つ前にしっかり深呼吸をしたりする時間があるので気にいっていますね。今のところ、このままいく予定です。」

Q:ショットクロックについてはどう思いますか。

「良い部分と悪い部分はありますね。賛成か反対か、どっちとは言えません。この夏は難しいですね。この暑さの中、長いラリーになった後の25秒というのは選手にとっては考えられなかったり、息を整えられなかったり、それがテニスの場合1回ではないので、それが何十回、多いと何百回と試合の中であるので、夏は大変ですね。冬やほかの大会なら問題ないのですが、選手からすると大変な部分はありますね。」

・合わせて読みたい→
錦織圭、大坂なおみがグランドスラムを征する可能性(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/possibility-to-win-a-grand-slam/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧